投資用物件で120万円

近頃、不動産屋ではなくても、投資用物件を購入して修繕して売って稼ぐビジネスが増えました。
多くの不動産屋ではそのような物件を取り扱っています。
初期に大きめのお金がかかるから、120万円程度の安い物件ではじめる人が多そうです。

ところが120万円というと、市街地からかなり離れていて一般的に不便なところにあることが多いです。
たとえば、駅を降りて山のほうに向かって徒歩10分、そこは昭和からの物件で築40年、隣と壁一枚でつながっている木造のテラスハウスです。
外観からもかなり年月の経過がわかりますし、中に入るとそのままでは住めないような状態です。

床や壁を新しいものに変えるリフォームが必要です。
その資材を自ら調達して自ら施工することでリフォーム代を安くすることも手ですが、それが可能なのはリフォーム業者だけ、ということで一般のそれ以外の人はリフォーム業者への依頼代金がかかります。
その依頼代金は安くないから、元がとれないということになりかねません。

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL